Unihertz Titan

 Unihertz と言えば小さいスマートフォンを作る事で有名な、上海にある新興のスマートフォンメーカーですが、今回キーボード付きの大型スマホを発表、Kickstarterで出資を募りだしました。

 

www.kickstarter.com

 BlackBerry Passport と比較した画像を掲載していますが、絶滅しそうなキーボード付きのスマホになんとIP68防水、防塵、耐衝撃を備え、シャープが出しているタッチクルーザー的な機能もついています。ただ、多彩なカスタムショートカットには対応していなさそうです。

 今のところUnihertzからの情報しかありませんので、断片的な情報しかありませんが、SoCもおそらくMTKでしょう。ユーザーからの情報ではP60であろうとされています。まあ、UnihertzがSDを積むとは考え辛いです。もしSDであれば、販売価格が安すぎます。

 ただ、MTKにしてもP60でなく、できればP70であれば良かったかと思ってるんですがね・・・MTKは最新チップのP90を出しています。ですが、これは熟成していないと私は踏んでいます。よって、現行チップとしては私はP70を推します。

 BlackviewやUlefoneでP60の使い勝手は私自身が感じています。問題ありません。

まあ、激しい3Dゲームは厳しいですが、それでもラグナロクマスターズは全く問題なかったです。それを考えるとP60は非常に安定したチップなので、Unihertzの判断は正しいのかもしれません。それでもSD660には微妙に及びません。ですので、P70も同じく安定したチップですので、現段階における最高のSoCとなっただろうに、そこが残念ですね。

 しかし、形的に激しくゲームをするスマホではありませんので、これでも十分なスペックなのかもしれません。バッテリーも6000mahと大きさ的には申し分ない容量です。

 重さは300オーバー(笑)重いですね〜さっと出してさっと使う、という趣旨には向いていないかも、1台であれやこれやとしたい人用ですね。

 早速私も出資いたしました。到着は12月ということですので、楽しみに待ちたいと思います。

 

 しかし・・・こういう意欲のあるスマートフォン、日本ではまずもう生み出されるのは無理でしょうね。チャレンジ精神を失った今の日本資本経済では生み出される土壌が無くなりました。

 黎明期のように様々なスマートフォンが出てきて、切磋琢磨する、というのも久しいです。

 若くパワーのある企業は日本で作らず中国や東南アジアに流れており、そこから世界へ発信してきています。ネットが普及し、資金調達も昔よりやりやすくなっているにも関わらず、日本では若い会社が育ちません。

 まあ、私も偉そうなことは言えないのですが、ただただ残念だなと思わざるを得ません。とはいえ、Unihertzのような会社からスマホは調達すればいいので、そこはもう日本にとどまらずで良いと私は思っていますが・・・(笑)

 

 

 

Blackview 9600 Pro やら ulefone armer 6 やら

久しぶりに更新してみます(笑)

一応スマホはいじっておりますが、まあ、日本で発売されるものはもうダメです(笑)

昔のガラケーと全く同じ様相となってしまいました。まあ、お国柄そうなる運命なのかもしれません。

 

昔記事にもありますとおり、タフネススマホには興味がありますので最近の中華タフネスを購入してみました。

 

Blackview 9600 Pro と ulefone armer 6 

どちらも会社は違いますが、総じてつくりはほぼ同じです。

 

ハードもソフトの作りもほぼ同じです。これ最終のチェックだけ別の会社でやって、作ってるところは同じなのでしょうね。

 

耐久力のアピール動画、youtubeで無茶ななげっぱなし動画作ってるのもほぼほぼそっくりです(笑)

 

どちらもMTKのP60使ってます。これはSD660とほぼ同程度のパワーで、確かに使った感じ、カクカク感は無く、ほぼスムーズな操作ができます。

ただ、作りこみの甘さからかBlackview 9600 Pro のほうがカクつきますね、ulefone armer 6 のほうがスムーズです。とはいえイラつくほどでもなく、まあ、普通に使えます。

 

ゲームも二つとも試しましたがよほど重たいものをしなければ全く問題ありません。普段使いが出来るスマホだと思いますね。

重さは二つとも250g越えており、まあ、重いですが、これに関してはBlackview 9600 Pro は両面ガラス仕様になっており、スマートな感じを受け、タフネスだぜ!というのは少し影を潜め、持っていても違和感ありません。ulefone armer 6 に関しては全身ゴム!という感じですので(笑)双方とも側面は金属です。

 

私からするとこの二つが合体したスマホであったらパーフェクトだった感じがします。

両方とも、ある部分で「おしい!」です。

 

どちらもqi規格にも対応し、バッテリーも5000mah越え、最新のTORQUE G04なんざバッテリーは2940しかありません。即切れですな・・・まあ、交換できますが煩わしい、なぜもっと大容量にしないのか・・・でもカメラ回りや使い勝手は国産スマホなので使いやすいかもですね。キャリア縛りが欲しい人はそちらへどうぞ。

 

まあ、スマホウェアラブル端末に関してもう日本はダメですよ。

 

部品で頑張るしかないですかね・・・

 

 

 

 

 

本屋

本屋巡りは好きで、ウロウロします。

 

ただ、コミックコーナー

 

私が年齢を重ねたからなのか、そういうもので覆い尽くされたからなのかわからないが。

 

少女が媚びてる表紙のコミックは手に取る気持ちにもならない。

 

中身が無い。

 

昔から線の細く、細かな描写のコミックは読み続けてます。それは未だに変わりません。

 

恋愛の歌と同じで、そういった媚びた表紙は全く同じ歌詞が頭の中で流れます。

 

相手のことを何を持って好きと言えるのか。

 

感覚で長く付き合えるほど世の中甘くない。

 

安易な恋愛の媚びた表紙と安っぽい恋愛の歌詞が私の中で重なります。

 

表紙はその本の扉

 

少女を全面に出す、と言うことはそれ以外に書くことがないから。

 

何を書きたいのかある意味わかりません。

 

少女を全面に押し出しながら中身がメチャメチャ濃いコミックがあれば教えてください。

 

F-01J

しばらく間隔があいておりましたので、色々端末は仕入れては売り、を繰り返しておりました(笑) 

 

で、F-01Jです。

 

富士通といえば、ホッカイロ機能だの、アップデート出来ない不具合をアップデートで直すなど、色々話題を振りまいてくれている端末ではあるのですが、、さすがに時代もたち、それらの悪評も影を潜めつつある感じですね。

 

今回の端末はミドルスペックに落としたことが功を奏したのか、不具合らしい不具合はありません。

 

発熱もありませんし妙な挙動も無く、いたって普通な端末に仕上がっております。

 

これを書いている段階で、F-01Kは発売されているので、興味のある方はそちらにされた方がよいかと思いますね。

 

ただ、違いとして、ワンセグのアンテナが内臓から外付けされた、SoCがSD625からSD660へと切り替わった、そこら変が大きな変更になりますか。相変わらずMIL企画の堅牢性は失われておりませんのでそこらへんは安心かと思います。

 

F-01Jにはホントに不満らしい不満がなく、普通に使えて不自由がありません。

3Dゲームとかそこら変ですかね、困るとしたら。

 

ハイレゾにも対応し、音質も各段と上がっております。

 

今後やすくなると思いますので、狙い目ではあると思いますよ。

 

ただ、SoC SD625と660は別物だと思った方が良いでしょう。

今買うなら、間違いなくF-01K一押しです。それほどまでに違いがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mate 10 Pro追記

Mate 10 Proにて、価格ドットコムにも、画面のカクつきを指摘されてる方がいますね。

 

これは、私は個体差ではないと思います。

 

kirin970がうまく対応出来てないのではないでしょうか。

ベンチマークでは確かに17000辺りを叩き出しますので間違いなくフラッグシップといえると思いますが、ベンチマークはそれだけを特化したような(良く見せる)という手法も使えることもあり、鵜呑みにはできない部分ではあるとは思います。それにしても、明らかにグラフィックに関してのレスポンスは悪いです。

 

テキストベースに関しては問題ありません。

 

でも、ここらへんはS660あたりでも問題なく動くので、少し試しにS652を積んだZenFone3urtlaにて、同じ様に操作感を確認しましたけど、逆にグラフィックに関してはこちらの方が引っかかりがありません。

 

よって、私としてはkirin970がまだ熟成してないSoCな気がいたしました。

 

今後のアップデートで改善が見込めるなら問題ないと思いますが、特にiPhoneからこの機種に移行した方達はこのグラフィックの動きに戸惑うかもしれません。

 

それだけ、iPhoneは良くできている、という事の表れなのでしょうね。

 

トータルバランスではやはり、圧倒的にiPhoneが使いやすいのでしょう。

androidは相変わらずむらがありますね、ダイブとマシにはなってきていると思っているのですが(^^;)

Mate 10 Proについて感じたこと

先日に続き、Mate 10 Proネタです。

もう一つ、動かした当初から気になっていたこととして、ブラウザを動かした際、あなたの端末はウイルスに侵されています、や、釣りと思われるポップアップなど、かなり頻繁に現れた事。また、システムの中を動かす時など事あるごとに、個人情報の許可を求めてくるなど、今まで聞かれたことのない許可を要求してくるなどが目立った事も理由にあります。

アメリカではHUAWEI製のスマホを禁止する企業があるなど、ダークな噂が絶えません。

 

これらの情報が無ければ私ももう少しゆとりを持って見れたかもしれないのですが、まず先入観があった事、それに、上記のような端末内での動きのあった事を加味した上で手放しました。

 

たかだか、個人レベルの個人情報と思いますが、バックドアの疑いがある企業の端末と思いながら触ったため、余計に疑心が膨れました。

 

決してそんな事はないとは思いたいのですが、そういう気持ちを持ちながら端末を触っていくことにどうにも納得がいかなかったので、今回は手放すこととしました。

あのポップアップ等なければまだ良かったのですが、ドコモの端末でChromeブラウザから、あんなポップアップは出たことがありません。

それらも背中を押しましたね。

 

端末の性能はAndroidの中では最高峰でしょう、それは間違いありません。

GALAXYやXperiaにも全く引けを取りません。

カメラの画質だけで言えば、それらを上回る実力も備えています。

が、故に私からすると勿体ない、と思えてなりません。

 

今後私がHUAWEI製のフラッグシップを手にする事は無いでしょうが、端末作りとしては頑張って欲しいとは思います。

 

HUAWEI Mate 10 Pro

久々にブログ更新します。

 表題にもあります通り、HUAWEI Mate 10 Proを入手いたしましたので、レビューしたいと思いますが、これを書き込んでる段階で、もう手元には無いでしょう(笑)

 

 正直ビジネス仕様なら問題ないかと思いますが、エンタメ系は厳しい感覚でした。

 ベンチマークなどは明らかに現段階ではandroid最高級のスマホではあると思いますが、そのわりには画面がかくついたり、ゲームは引っかかったりとフラッグシップ機の割には煮詰めの甘さが出ている部分が多く散見されました。

 特にゲームに関しては、画面遷都するたびに引っかかるなど、フラッグシップとは思えない動きをしています。

 GPUも強化している、との前評判だったようですが、あくまで自社内での評判レベルでは無いかなと思ってしまいます。

 目玉とされているAIが、GPUの調整などできるはずもなく、絶対的な動きは変わらないでしょう。

 

 褒めるべきはやはり、LEICAカメラでしょうかね。

 シャッタースピードが爆速であると同時に、動きのあるものへの手ブレなど、かなり精密に構成してくれる素晴らしいカメラです。

 こらだけでも買う価値がある、というものが載っています。本当にすごく綺麗に写真撮れますよ。

 ただ、スマホというものは、カメラだけで使うものではありません。様々なユーザーニーズに合わせた多種多様なもので無いと、今後は生き残れないと感じています。

 そういう意味では、一台にまとめていく、という趣旨からは大きくズレてしまいます。

 HUAWEI Mate 10 Proはまさにそのラインを突っ走ってる端末だと私は思います。

 まだ、ユーザーが、そこについてきていない、と感じました。よって、カメラ以外にこの端末に何かを見出すのは厳しいのでは無いか、というのが私の感想です。

 思う以上に進化が感じられませんでしたので、3日で手放しました。