読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新機動戦記ガンダムW

ガンダム

何年かかりましたでしょうか。

でた当時、これは絶対にガンダムではない、と思い見ることは無かろうと思っていたガンダムWをようやく全て見終わりました。

聖闘士星矢と全く同じ匂いを感じた当時の私はヒイロを見た瞬間に拒絶したものです。(笑)
聖闘士星矢嫌いでしたので。

ただ、結論から言うとファーストに一番似せた作品なのだなぁと、思いました。SEEDよりもそこは濃いですね。

確かにガンダムは沢山でてはきますが、一貫して最後まで同じ機体に乗っています。
ただ、余りにも爆破(自爆)が多いのは如何なものかと思いましたが・・・

ファーストに似せた、というより、今の国家情勢に似せた、というほうが正しいかもしれません。しかし20年以上も前の作品なのに、国際情勢はそう変わってないことに驚かされます。
殺し合いの歴史は変わりませんね。

敵のモビルスーツは相変わらず愛着のある機体は出て来ませんが、人物は味のある方々が出てきますね。ここら変はファーストから、そこまで時間が経っていないからかなぁと思わせるものです。
モビルスーツに関してはもう少しスマートな機体を作ってほしかったものです。みな、何かダグラスかボトムズか、という機体ばかりです(笑)

トールギスにしろ、メリクリウス、ヴァイエイトなどなんだかゴテゴテしていますし、他のガンダムもなんだかみなゴテゴテ。ウイングガンダムもスマートなのかゴテゴテなのかよくわかりません。
よく乗り捨てるので、なんか、高級感がありません。
乗り換えシーンが沢山あるのですが、これは、私は同意出来るシーンでした。必ず同じものに乗れる、とは限りませんものね。

ただ、なんというか、物語の「繋ぎ」部分が雑過ぎます。
続きで見ているのに、あれ、このシーンどこだっけ?という場面がたくさん出てきます。
捕まったのに次のシーンでは、走り回っていたり、次の回では、全く違い場所に居たり。
また、どこに潜伏しているのかコロニーのどこに居るのか、説明不足なシーンが多いです。ここらへんは作りの雑さを感じます。テレビシリーズでは、どうしようもない部分なのかもしれませんが。

一貫して戦艦らしいものが出てきません。ホワイトベースを思うとそこは意外だったのですが、これは共感が持てました。最後はデススターみたいなのが、出て来ますが(笑)

そもそもホワイトベースにしろ、アーガマにしろ非現実的すぎます。あんなものを宇宙に上げようとか、無理ですよ。一番おかしいだろ、と思ったのはアークエンジェル(笑)クネクネ曲がりすぎ、移動しすぎ。あくまで、宇宙戦艦なら、良かったのですが、両用は重力の兼ね合いで、不可能過ぎですね。

トレーズはともかく、ゼクスの最後の行動は逆襲のシャアもろパクリです。発想の転換もシャアによく似てます。さすが、仮面同士(笑)

5人のガンダムパイロット達も後半になるにつれ、ようやく味が出てきます。アムロのような成長は感じませんが、それぞれが頑張りました、レベル。
ニュータイプ的な覚醒はありませんが、人間くさく戦うのはあれはあれでアリだったかもしれませんね。ヒイロの変革はアナキンスカイウォーカーに似てますわ、真逆ですけどね。

殺さずに戦う事は、武器を持つ以上不可能です。武器は心を歪ませ、弱者と強者を産みます。
なら、武器を持たねばよい。その発想は正しい。しかしこれはいつの時代も理想論で片づけられてしまいます。リリーナもその中で翻弄されました。その想いを理解するゼクスやトレーズが礎となろうとしたことは見てればすぐ分かることですが、そう簡単に世界はならないものです。
それは現実でも同じ。だからこそ、アニメの世界だけでも、という想いは受け取れました。
そう言った意味では頑張った作品なのでは無いでしょうか。SEEDより良くできていたと思います。
時代の古いガンダムのほうが、作品的な完成度は高いです。新しいガンダムは新しい世代の人達にとって名作になるガンダムなのか、それとも、名前だけのただのアニメ作品なのか。アニメに対する評価も世代ごとにあると思いますので、機会があれば聞いてみたいものです。

ともかく、自爆のシーンはもう少しなんとかしてほしかったです。あれを作る財力はどこからなのか。ここらへんはSEED同様に安っぽすぎます。
あれを組み上げるのは国家予算的な規模だと思います。現実に近づけるのであれば、そこら辺ももう少し近寄せて欲しかったかな、と思います。
総じて悪い作品では有りませんでした。
歳を経たから、見れた、というのも有るかもしれませんが。(笑)