読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランボー者(Runbo x3)を買ってみた(笑)

海外製携帯・スマートフォン

G'zOneで大コケした耐衝撃携帯を私は諦めていませんよ(笑)

日本ではあまり見かけませんが、海外では変態仕様の防御率1000%のスマホが多数売られています。中身が旧世代の産物ですので、日本に入ってくることがまず無い携帯ばかりなのが寂しいところですが。

で、超中華臭のする、Runbo社端末を購入してみました。後ほど加筆修正するときに画像もアップいたします。
YouTubeにもアップされているのですが、ライフルで撃ち抜いても、ミキサーで回しても、花火で空に打ち上げて墜ちてきてもしっかりと動く、素敵な(!)端末です。

まあ、ともかくデカいです、重さも270g位あって、スマホを二台持ち歩いてるのと同じくらいの重さですね。IP67の防水機能、ゴリラガラス、ともかくデカくて重いです。
画像解像度は800×400、中身はデュアルコアの1ghz、メモリも1G、4Gと旧世代の生き物です。カメラは800万画素、色々一昔前ですね。

しかし!

働く男たちのスマホ、そんな性能を遺憾なく発揮するために、最大限のパワーを兼ね備える部分があります!

バッテリーは脅威の3800!これはGALAXY NOTE2の3100を大幅に上回る物で、まあともかくバッテリーが切れることはありません。ガシガシ使っても一日で無くなることはまあ無いでしょう。テザリング機能を使うと苦しいかもしれません。

この端末にはもう1つ特徴があって、QWERTYキーを備えています、ここが私の購買意欲に火を付けたのですが。

キーを備えた端末は過去にも発売されています。しかし、POPな端末が多い上にそのほとんどが防水ではありません。
BlackBerryが一番それっぽいのですが、いかんせん日本で使うに制約が多すぎました。アプリも少ないですしね。

ですのでandroidでキーボード付き、防水で衝撃にも耐えうる、そんな端末は存在しないわけです。そんな中このRunbo x3はそれらを満たしていると言えます。

スペックを求めてはいけません、その土俵で戦う端末ではありません。また、色々使い勝手は悪い部分も存在します。