読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterから一ヶ月

twitterはじめて1ヶ月たちました

最初はこれはどう、なにが面白いのか全然わからなかったんですが、現在フォローさんが100人超えたところで、あーこれは、面白いな、と感じました。

このようなブログですと、構えて文章を考えつつ、アップするのですが(たまにえらく短い文章もありますが、広告とかのほうが大きくなるので、私はできるだけ文章を沢山入れるようにしています)twitterは140文字しか入れられないので、ほんと片言です

ですが、これが更なる言葉の伝え方の妙に繋がっていると思われました。
あと、全ての方の「今」がダイレクトに伝わってきます。これが非常に面白いのです。

私はいたずらにフォローさんを増やさず、なるべく話せる方限定で増やしてきました。最近はコマーシャル系のフォローさんもいらっしゃいますが、基本的にみなさんの「今」を伝えてくれる方ばかりです。これは非常に嬉しい事だと私は感じています。

繋がる時は自分で選べば良いし、相手方もそのスタンスでつぶやいてらっしゃるご様子、この関係が非常に小気味よい感じです。

ですが、様々な悩みや想いもここにはあって、その狭間で悩まれている方々も一杯いらっしゃるのも感じました。
バーチャルとはいえ、リアルなんですよね、生きてみんな頑張ってる。様々な会話でその想いがお互いに伝わっていければすごいことだと私は思うのですよね。

ただ、消えていくのも簡単です。twitterやめればもうそこには存在しなくなる。人の心に何かを残すにはつぶやき続けないといけないのです。でも、それを思うと重くなり、何かの足かせになってしまう、そんな気もします。

あまり色々重く考えない、ここに居るのはそんな気持ちも少し要るのかなぁと思いました。

そんな自分も色々思い悩む事多いのですけど、バーチャルとリアルの融合を自分なりにうまく考えながらこんな時代を乗り越えていきたいかなって思っています。

なんだか重い話になっちゃいましたが、つきあい方が軽く始められる為に、その時の付き合いも軽く考えがちですが、そうじゃないよって言う自分への戒めでもあります