読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ipadについて

発表からいろいろ記事にされているので、細かいことはググってください(笑)

私の私見だけの話ですので、念のため。

大型のipod、この言葉が私の中ではぴったりです。
これ、何に使いますか?書籍?規制の問題で今の日本ではかなり難しいですよ。
大型のiphoneとしてなら、今のiphoneで十分ですし、使い勝手に困るのではないでしょうか?

また、ではこれをノートブックの延長と定義するとどうでしょうか?
マルチタスク環境がない時点で終了です。また、内臓カメラもありませんので、skypeもできません。disk容量も圧倒的に不足しています。最近だと250Gは普通に積んでいます。

iphoneで事足りている方々が乗り換えることはニッチでしかないと私は感じます。

ただ、appleが作成したことに私は意義がある、と思っています。

今までもsonyなどが電子書籍を手掛けましたが、挫折しています、でも、これをappleなら垣根を壊しそうな感じがするのもまた事実なんですよね。

日本製品は規制規制の中で発展してきました。ガラケーに代表される日本の携帯は世界ではまったく見向きもされませんでした。
そんなdocomoxperiaの発表に異例の記者会見を行いました。国内のメーカー相手にはあり得ないことを今回docomoはやりました。

ガラケーからの脱却、docomoは自らが築き上げた帝国に自ら風穴を開けた感じです。
ですが、まだ、imodeには非対応、こういった部分をそのうちdocomoは埋めるでしょう。
日本市場がそういった微妙な鈍足の足取りの中、世界はすさまじい勢いで加速しています。そして、今のappleには業界の構図を塗り替える力がある、私はそう感じています。

旧態依然の出版業界に対し、敢然と立ち向かう姿勢を垣間見せたappleに私は賛辞を送るとともに、このipadが思いもよらぬ発展形を示してくれることを期待しています。

ただ、なぜタスク環境やflash環境を整備しないのか・・・appleの姿勢が私にはよくわかりません。これに関しては肯定的、否定的な意見いろいろありますが、私は否定的なほうに回りたいと思います。

ipadで完結しないようにするのは、appleとしてはその先にMacBookなどがあるためで、セグメントを埋める役割を担う、新たな一歩だと私は解釈しています。

そんな中、willcomからSIMフリー携帯HYBRID W-ZERO3が発売されてるんですが、かなり寂しい記事になってしまいましたね。willcomはどうなっちゃうんでしょうね。