読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の陣

いよいよ携帯も冬の陣です

先陣をきってauが冬と春のモデルを発表してきました。

今回はまったくauに興味がなかったので、あんまり調べてはいなかったのですけど、発表を見ているとまあ、いつもどおりなラインナップといったところでしょうか

興味をそそるとすればBRAVIA Phone U1くらいでしょうか・・・あとはどれも似たり寄ったりですねぇ・・・

予測していたとおり、そそるものはございません。T003ってのがありますね・・・これは明らかにT002を世襲していると思われますが、記事を読むとやはりというか、中身はほとんどT002です。あ、Bluetoothが装備されましたね、内容量は100Mまんまですけど・・・

スマートフォンはまだ早いそうですが、下準備も出来ていなくてまだ早いとか言えないと思うのですけどね・・・やはり世の中に出してみて、不具合やバグなどを検証し、確実なものを作っていったほうがいいと思うのですけどいかがなものなんでしょうか

しかもこのラインナップの中には2010年モデルも含まれています。純粋に冬物で考えると端末数では激減も甚だしいです。これだけしか資金的に投入できなかったのでしょうか。来年モデルのAQUOS SHOT SH006は今回の冬にdocomoとかsoftbankとかからでてくるんじゃないのかなぁ・・・

どちらにせよauかなり厳しいです、料金的な攻勢をかけるのはいいのですけど、本日の日経にも掲載されていましたがKDDI自体は減収になっています。au同士の話し放題プランがどちらにせよ圧迫していることは明白なようで、負の連鎖になっていかないか懸念しています。

もちろん損益分岐点などの計算もされていることとは思いますけど、ウィルコムが再建に入っているのを目の当たりに見たはずですので、どこまで突っ走れるかKDDIも正念場が続くと思われますね。

端末の魅力もそうですが、その中身の魅力を増やしていかないことには見た目勝負もどこまで続けられるか・・・まだ前回のMobile Hi-Vision CAM Wooo携帯のほうがインパクトありましたね。

個人的にはT002でまあ、間違いなかったと思ってます。買って後悔ってのは今回のラインナップではまったく無いです。後継機のT003もなんでGSMはずすかなぁ・・・また、<auのデコレーションメールで利用できる「デコレーション絵文字」が最大3000種類内蔵されるほか、デコレーションメールをスムーズに作成できるよう、操作性が改善される。>とありますが、対応機種は<BRAVIA Phone U1、AQUOS SHOT SH003、SH004、SH005、AQUOS SHOT SH006、URBANO BARONE>・・・T003は・・・?

なんだかちぐはぐですねぇ・・・こういった機能自体はファームアップすべきです。この機種から対応、とか止めましょうよ。だいたい、この機能はdocomosoftbankではすでに導入済みの機能です。目新しくもなんもないのですから・・・

買い替えサイクルが伸びてるなら、中身のUIを改善してメールの利用を促したほうがよくありませんか?今回のこのデコメなんかはメールの幅も広がりますし面白いと思うのですよ。冬モデルからだと使う人は機種代金が下がる来年の夏モデル前と言うことになりませんかね・・・私はこのデコメとかは即戦力だと思うのですよ。もったいないことしてるなぁという感じしか受けません。

携帯としては安定してると思います。どれ買っても間違いは無いでしょう。それだけにインパクトゼロとなっている感じを受けました。

これで買い換えてくれる人いるのかなぁ・・・もちろん好きな人もいるのでしょうけど、auの将来にかなり不安を抱きました。