読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MTB

先日お話した、自転車調べの結果です


まずは検索でマウンテンバイクといれると無数のヒット率です、そこから条件をキーワードに絞り込んでいくと、それなりにメーカーが見えてきました


まずは、ちまたでもよく見かけるジャイアント、これはMTBでも扱いやすく、近くの自転車屋でも販売している、一般的なMTBですね
ただ、自転車には街乗り用とオフロード用がありタイヤの大きさ、パーツの使い方で耐久性が違ったりするようです。

このジャイアントも本格的なMTBから街乗りのクロスバイク系も揃えてあり、選択肢は多いです。中でも目を引いたのが、グレートジャーニーという車種、遠方まで走りこむために開発されたMTBです。キャリアサイドに旅行用の付属鞄が標準装備としてついています。こういったコンセプトとして開発されている自転車が実は少ない事に気づきました、あとは丸石が作っているランドナーというロードバイク系の自転車しか見あたりません。

あ、コナというメーカーにuteという自転車があります、これも標準で鞄がついてますが、見ていただいたらわかると思うのですが、圧倒的な存在感街で見たことありません、キャリア部分長っ
面白い自転車なんですが爽快感には欠ける気がして候補から外しました
話を戻しますが、普段走るにはジャイアントは巷に流布してる気がしてどうも引っかかったんですよね

んで、次がルイガノ、これもジャイアント同様に様々な車種を販売していますが、ジャイアント同様巷に走り過ぎなのとシャシーの剛性に少し不安あり、みたいな記述を見つけて候補から外しました。

それなりに走る、それなりに爽快感、それなりに山、それなりに通勤・・・

こういったコンセプトな車種がなかなか無いのですよ


更に検索を続けるとトレックというメーカーが出てきました、ここも総合で自転車を作っているみたいで、その中でゲイリーフィッシャーというブランドがあることに気付きます。このゲイリーフィッシャーはMTBをメインに制作しているようで、その中にユートピアという車種があることを発見。

文面からだとオンロードもオフロードもこなす、と書いてあるじゃないですか


これは見に行かねば、と検索をかけると通販はしておらず対面販売しかしていない、とあります。これは世の中に大量に流布してないかも、と思い早速販売店を調べて出向きました。

〉次回へ続く